★PALMSTAGE★髪のお悩み 頭皮の環境をととのえる麹町サロン


http://palmstage.com★熟練した技術を提供できるSTAGE・・【美という健康】を通じて感動を与え続ける美容室・・
by PALMSTAGE
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カラダの約60%は水でできている

b0114401_18592099.jpg


生命を維持していくために大切な『



私達のカラダの約60%は水でできています。
生命を維持する上で欠かすことのできないものです。
1日に体外へ排泄される水の量は約2.3Lにもなり
息を吐き出す時も常に肺から水分も出しています。
その量は400mlにもなります。




体内を循環する水分の大きな3つの役割


◆酸素/栄養の運搬
体内に水分をしっかり保つことによって
流れがよくなった血液は身体中に
しっかりと酸素や栄養などを運んでくれます。



◆老廃物の排泄
また老廃物や余分な物質を運び出してくれて
身体の外に排出するという重要な働きもあります。
血行が良くなることによって冷え性などの問題や
肌トラブルが改善されたりすることも期待できるようです。
血流改善のために毎日しっかりと水分補給するようにしましょう。



◆体温調節
体温の安定性は体内の水分が大きな働きをしているからなのです。
汗をかくことは体内の水が体温をうまく調整していることの現れで
体温が上昇しすぎないように働いています。
自分で気づかないだけで意識しなくても
蒸気として水を身体から排出し余分な熱を逃がすために
体内の水分が役立っています。
「のどが渇いたな」と思った時点ですでに
体内の水分は不足状態になっているので
のどが渇いてしまう前に意識して定期的に水を飲むようにしましょう。



体内の水は一箇所にとどまることなく、
血液などの姿で体中を循環しながら各細胞に栄養分や酸素を供給ししています。
古いコラーゲンを壊して作り変える、
脂肪分解や血流促進など身体の化学反応に使われます。
代謝老廃物を排泄したり、体温・phの調節など、
健康を維持するために重要な役割も果たしています。






身体の水分の割合が減ると…


夏になるとよく耳にする『熱中症』
実は身体の中の水分のわずか5%が失われただけで
熱中症などの症状に陥ってしまうと言われています。


【2%不足】食欲がなくなるなどの不快感になる
【6%不足】頭痛、眠気、脱力感に襲われ情緒不安定になる
【10%不足】筋肉の痙攣を引き起こし循環不全、腎不全などが起きる


体内水分が少なくなると様々な身体への負担が…
体内水分の増減は人の体調に大きな影響を及ぼすものなのです。






b0114401_18595833.jpg



水分補給で血液の流れを良くする


身体の不調の多くは血行不良により引き起こされると言われていますが、
この血液の流れを良く保つためにも水分を
しっかり摂取することが大切だと言われています。






水分不足が頭皮と髪に与える影響


体から水分が失われると、血液がドロドロになります。
スムーズに流れにくくなった血液は、
大事な循環機能が損なわれて、体に不要な老廃物、
有害物質を体の外に排出するデトックス機能が働かなくなり
頭痛、肩こり、体のだるさ、抜け毛といった体の不調が現れます。
細胞は、毛細血管から栄養素と酸素を受けとり、
エネルギーに変えているため、
血流が悪くなり毛細血管が減っていくと
髪の生成に関わる細胞の活動が低下します。
栄養、酸素、水分を細胞へ送り込む役割が果たせず、
細く短い毛となり結果的に髪のダメージが大きくなります。






あなたの頭皮、血行不良になっていませんか?


頭皮の色をチェック
頭皮が赤茶っぽい色をしていたら「血行不良になっている可能性大」です。
反対に、頭皮の血流がよければ青白い色をしています。
地肌の黄色い頭皮は、血行不良で免疫力が低下し有害金属がたまり育毛に必要なミネラルを阻害して髪が育ちにくい環境になっています。




頭皮をチェック!詳しくはこちらファーストカウンセリング
あなたの頭皮は何色? 詳しくはこちら頭皮チェック





水を積極的に取りましょう!


「水」は、生命を維持する上で欠かすことのできないもの
体内でスムーズに循環することで、健康な状態を維持してくれるのです。
一度に大量に水を飲んでも水分補給効果はありません。
胃や腸に取り込まれた「水分」は
皮膚や血液・リンパなどに行き渡り全身をめぐります。
しかし大量に、一気に飲んだ水はそれら器官に吸収されず
直ぐに体外へ排泄されてしまうので、水分補給の効果はありません。
「水」はゆっくり・こまめに飲むことを心がけましょう。





今の肌質の状態、お悩みの原因を知ることから始めてみませんか。
あなたにあった効率的な正しいケア
プロセス提案をさせていただきます。
カウンセリングのみでも気軽にご来店いただけます。



メールでのご相談も承っております。➡︎お問い合わせはこちらから

PALMSTAGEホームページはこちら➡︎http://palmstage.net
























[PR]
by 20607002palmstage | 2017-08-21 19:12 | 美容と健康・頭皮とヘアケア

カラダに溜まったいらないものをデトックスしよう!

b0114401_18091010.jpg

有害化学物質
口から入るものは汗や尿、便で90%外に排出でき
経皮吸収された物は、90%身体に残ると言われています。


私たちが毎日使うシャンプーや化粧品、洗剤などの日用品には、
様々な有害金属、有害化学物質で作られているものが多くあります。
その、有害金属、有害化学物質を体内に取り込み蓄積してしまうと、
アトピー性皮膚炎やアレルギー等、免疫力が下がり様々な病気の原因となります。

身体に悪い物を摂らない、使わないことが基本ですが、
悪い物を溜めない身体作りも大事になってきます。


排出するには腎臓の機能を高める必要があります。



b0114401_18082169.jpg





【①背中を冷やさない】

腎臓は背中側にありますので、
まずはここを冷やさないように
するのが先決です。




【②良質のミネラルウォーターを飲む】

良質のミネラルウォーターを飲んで、
腎臓をきれいにしましょう。

コーヒーやジュースでは、
残念ながら代わりにはなりません。
血液が濃くなって、むしろ
腎臓に負担を与えてしまいます。




【③頭皮のマッサージをする】

東洋医学では、髪の毛には、腎臓の
血液浄化作用がうまく働いているか
が表れるとされています。





腎臓が弱っている人は、
髪の毛を引っ張られると、
とても痛がる人が多いようです。
また、髪の毛が細く、縮れていたりもあるようです。

頭皮のマッサージは、腎臓からの
金属毒素排泄力を高めます。


腎臓ケア、ミネラル補給、そして、頭皮のマッサージをして
カラダに溜まったいらないものをデトックスしよう。








PalmStage ホームページはこちら⬇︎
http://palmstage.net/



あなたの「欲しい」が必ず見つかる!最先端のアイテム満載!
クリックするとこちらのサイトから購入できます!

⬇︎
https://ddsrecell.com/mss/20004412



















[PR]
by 20607002palmstage | 2015-01-27 18:46 | 美容と健康・頭皮とヘアケア

夏こそ!ヘッドスパ!


b0114401_1819557.jpg




汗や皮脂が過剰に出てくるこの季節。

体は温度調節のため汗をかくようにできています。

それは顔や体だけでなく頭皮にも同じことがいえます。

また、夏は強烈な紫外線の影響を受けやすく、

頭皮の肌バランスも崩れやすくなり過剰に皮脂も分泌されます。

汗に混じった皮脂をそのまま落とさないでいると、

徐々に蓄積し毛穴を詰まらせたり、時間の経過と共に酸化したり・・・。



頭皮環境が悪いとこんな悩みが誘発されます。

1、かゆみが出る

2、炎症が起こる

3、フケが出る

4、頭皮の臭いが強くなる

5、髪の毛が細くなる

6、薄毛になる

 「臭い・かゆい・薄毛」 


これは、なんとか回避せねば!!


そこでオススメしたいのが“ヘッドスパ”です。


ヘッドスパとは、

『頭皮のクレンジング』

『マッサージ』

『髪の修復』

という3つの要素からなり、

汚れを落とし、ツボを刺激しマッサージすることで、

内臓が活性化され身体の新陳代謝を促すとともに、

脳をリラックスさせて自律神経のバランスを整えてくれます。

ニオイの原因となる皮脂をきちんと汚れを落とし、

頭皮のコリをほぐして血行を良くする事で、

頭皮環境を改善します。


また、頭の筋肉は、顔の筋肉を引き上げる役割をしているので、

フェイスラインのリフトアップにも繋がります。


日常のストレスや頭皮に悩みを抱えるあなたの心と身体を癒してくれる、

リラクゼーション&アンチエイジング

ヘッドスパ”一度体験してみませんか?




PalmStage ホームページ ⇒http://palmstage.net/
[PR]
by 20607002palmstage | 2013-07-04 18:31 | 美容と健康・頭皮とヘアケア

NO.2 肌のお手入れ

今回は、肌のバリア機能を高めるケアをお教えします。


冬は肌は、一歩外に出れば乾燥した空気と冷たい風に直撃され、カサカサになり
その上、花粉の影響で肌がボロボロに・・・
そのままでは、しわやくすみなどのエイジングサインが現れだします。

そこで、冬のケアに欠かせないのが、保湿です。
潤いアップの秘訣はナイトケアにあります。
次のようなケアをしてみて下さい。029.gif

カサカサ部分に美容液パック
パックしたいカサカサ部分にまず化粧品と美容液を塗ります。
次にコットンにお水を含ませて、美容液をたっぷりつけて貼り付けて下さい。
そのまま、5~10分パックします。
美容液を重ねつけることにより、保湿と保護効果が一挙に高まるので、
滑らかさとしっとり感がだんぜん違ってきます。
保湿効果でバリア機能も高まり、トラブルも軽減されますよ。001.gif

普段のスキンケア以外に、お肌にもう一押し潤いを与えてくれるスペシャルケアしましょう。

                        palmstage パームステージ 千代田区麹町 美容室 
[PR]
by 20607002palmstage | 2009-02-23 17:27 | 美容と健康・頭皮とヘアケア

No.1 肌のお手入れ

身体のかゆみを軽減するお肌のお手入れ

空気の乾燥した冬は、肌にとっては一年でもっとも過酷な環境
水仕事のときにつらい手あれや、安眠を妨げることもある手脚のかゆみを軽減する、お肌のお手入れ、暮らしの知恵を紹介します018.gif


角質層の「細胞間脂質」が減少すると かゆみを感じる乾燥肌になりやすい>072.gif
…角質層がきれいに整っていて、セラミド(細胞間脂質)が角質の細胞の隙間に充分満たされていると 紫外線にも強く、見た目も美しい健康な肌になります。
冬、気温が下がって空気が乾燥してくると、皮脂の汗の分泌が少なくなることもあってセラミドが奪われやすい条件が揃います。 セラミドが奪われると角質はもろくなり、きめが乱れて、角質ははがれやすくなります。 こうなると肌はバリア機能をはたすことができなくなり、外からのちょうっとした刺激でさまざまな症状をおこすことになります。 こういう肌はバリアレススキンとも呼ばれています。
肌がバリアレスになると真皮内にあったかゆみを感じる神経が表皮まで伸びてきて、肌への少しの刺激でかゆみを感じるようになります。 いわゆる敏感肌は ほとんどがこのバリアスキンのことであり、その原因の多くが乾燥にあります。 かゆみは、肌のバリア機能が弱っていることの最初のサインだといってもいいでしょう。
かゆいと掻く、掻くとますます角質層が』傷つきバリアレスの状態が進行します。肌は、より強くかゆみのサインを出します。 早めに乾燥のサインに気づいて症状の進行を予防することが大切です006.gif
[PR]
by 20607002palmstage | 2009-02-06 18:20 | 美容と健康・頭皮とヘアケア

目の乾き

ドライアイは、涙が目の表面にうまく広がらず、目が乾燥することで、
目が疲れるごろごろする充血するものが見えにくいといった症状が現れます。
013.gif
ドライアイは、涙が蒸発しやすい生活環境によって起こります。
特にパソコンを長時間使う人は、画面をじっと見ることでまばたきの回数が減り、
目が乾燥しがちになります。
パソコンの画面を目の高さより下に置き、目を見開かずにすむようにしたり、
画面を明るくしすぎないようにしましょう。
006.gif
仕事などでパソコンに向かう場合、なかなか作業を中断しにくいものですが、
目をぐっと閉じるなど、意識的に目を休ませる機会を増やしたり、
疲れを感じたりしたときは蒸しタオル等でまぶたを温めるとよいでしょう。
エアコンによる空気の乾燥や、エアコンから吹き出す風が直接目に当たる状態も、
涙が蒸発しやすいので注意が必要です。
ドライアイの治療は点眼薬が基本になります。
医師の指示に従って使いますが、市販のものを使う場合はドライアイ用のもので、
防腐剤を含まないものにしましょう。

目の乾燥や不快を感じる時は、一度普段の環境を見直してみましょう001.gif
[PR]
by 20607002palmstage | 2009-01-22 11:24 | 美容と健康・頭皮とヘアケア

インフルエンザ

風邪もインフルエンザも病原はウィルスで 鼻やのどの粘膜に感染することで発症します。
風邪は、鼻水、鼻づまり、せき、くしゃみなどが起こり、熱は出ても38度くらいで 通常は3~5日で治ります。
一方、インフルエンザは、39度以上の高熱が出て 強い頭痛や倦怠感、筋肉や関節の痛み、食欲不振など、全身にさまざまな症状が現れて 大人でも3日ぐらいは寝込んでしまいます007.gif
その後、鼻水、鼻づまり、せきなどの症状が目立つようになり、完全に治るまでに10~2週間ほどかかります。

風邪は、手などが触れることによって感染する接触感染です。

こまめに手を流水で洗うなどしてウィルスを落とすことでかなりの予防になります。また、マスクやうがいをする、室内の加湿や換気をする、人ごみへの外出を避けるなども予防になります。

インフルエンザは、直接触れなくても感染する空気感染です。
インフルエンザにかかっている人がせきやくしゃみをすると、ウィルスが空気中にまき散らされ、それを周りにいる人が吸い込んで感染するのです。
せき一回で10万個、くしゃみ一回で100万個の粒子が数メートル先まで飛び散るというのですから、爆発的に流行してしまうのもうなずけますね。045.gif045.gif045.gif

インフルエンザを予防するには?
インフルエンザワクチンを接種するのが一番効果的です。
ワクチンを接種すると、健康な大人で70~90%、お年寄りでは30~40%の効果があると言われています。

もしも突然、高い熱が出るなど、「インフルエンザかもしれない」と感じる症状が出たら、
できるだけ早く受診しましょう。
今は、インフルエンザの専門薬もあるので、比較的軽く抑えることができます。
だだ、これらの薬は発病してから48時間以内に使用しないと効果がないそうです。
とにかく早めに対処することが、重症化を防ぐポイントです。
なお、発症後3日目までがもっとも感染力強いそうです。
かかってしまったら、安静にしてしっかり休養する、部屋を暖かくして加湿する、脱水症状にならないように水分を多めにとる、消化がよく栄養のあるものを食べるなどして、回復を待ちましょう066.gif

お部屋の殺菌には、アロマオイルのティーツリーが良いそうです。
加湿器と一緒にアロマポットで香らせてみてください006.gif
[PR]
by 20607002palmstage | 2008-12-24 18:27 | 美容と健康・頭皮とヘアケア

ヘアトラブルと原因~NO.2

前回の続きです・・・・045.gif

フケとかゆみ

気になる症状のなかには、フケ、かゆみもあると思います。
新陳代謝の活発な人は、フケが多くなりがちです。
フケには乾性脂性2つのタイプがあり、
皮脂の不足や摂りすぎになると乾性のフケの原因に!
皮脂分泌量の多い人には、皮脂性のフケがみられ、フケが毛穴をつまらせ、かゆみやべたつきを起こします。
かといって、皮脂を取りすぎると頭皮が弱り、抜け毛などが増えることもあります009.gif009.gif

食生活では脂肪の取りすぎに気をつけ、シャンプーで頭皮を清潔に保つ事が大切ですが、シャンプーのしすぎには気をつけましょう018.gif


直毛がクセ毛になった

ストレスなどで交感神経と副交換神経の働きがアンバランスになっているかも・・039.gif
実験期の子供たちにも稀にみられます。


こめかみや耳の後ろに白髪が目立つ

目はメラニンをたくさん必要とするので、目を酷使する人に多く見られます。
眼球が弱ると目の真裏に当たる部分にも白髪が。005.gif
歯の弱い人には、耳のまわりに白髪が覆いようです。026.gif
[PR]
by 20607002palmstage | 2008-11-28 11:36 | 美容と健康・頭皮とヘアケア

ヘアトラブルと原因~NO.1

  抜け毛・薄毛・フケ・かゆみなど        
 ヘアトラブルはさまざまな原因から起こります。

抜け毛と薄毛
ファーストフードや偏食、ダイエットは、亜鉛不足になりやすい傾向にあります。
抜け毛の原因は、主に毛穴がつまったり、頭皮の血流が悪くなったり、あるいは頭皮がよわったりすること。
こうなると 毛根に栄養分が行き渡らず、抜け毛が増えてしまうのです。
さらに、カラーリングのダメージや不規則な生活、無理なダイエット、すとれすによるホルモンバランスの乱れなど これらも抜け毛や薄毛の原因となりうるのです。

やせた髪
女性にとって気になるのが髪のやせ
これは、加齢によるものもありますが、若い人の場合には、ストレスが原因となります。
ストレスは交感神経に優位な状態を作り、血管が収縮させ、血行不良となります。 頭部の毛細血管は非常に細いので、毛母細胞が酸素や栄養不足になってしまい、また、喫煙も血管を収縮させるので 同じ影響を与えます。
[PR]
by 20607002palmstage | 2008-11-09 19:51 | 美容と健康・頭皮とヘアケア

食事と髪の毛

髪は生活と習慣が記された『年齢』

その日の健康状態がわかる血液検査とは異なり、髪を調べると、何ヶ月も前からの健康状態や食生活のクセまでわかります。
髪の毛は毎日少しずつ伸びるので、その時々の健康状態が少しずつ刻まれて残るのです。髪はその人の生活と習慣が記された『年齢』なのです。
つまり、髪の健康を守るのは、日々の生活態度がとても重要なのです                   
髪に必要な栄養素とは?

髪の毛の約80~90%はケラチンと呼ばれる上質なタンパク質でできています。
しかもこのケラチンはアミノ酸をたくさん含んでいます。
まず摂ってもらいたい栄養素はタンパク質。続いて銅、亜鉛、セレニウムなど。
例えばレバーや牡蠣、アボガド、ナッツ、そばなどに含まれる銅は、赤血球やメラニン色素の生成に必要です。メラニン色素は「美白」の大敵とも言われますが、銅が不足してメラニン色素が作られずにいると、神まで「美白」してしまいます。

ファーストフード・偏食は髪の大敵

ファーストフードや偏食、ダイエットは、亜鉛不足になりやすい傾向にあります。
亜鉛不足は脱毛や薄毛の原因になるといわれています。
もちろんファーストフードをたまに食べたからといって、即脱毛なんてことはないですが・・・・                 
              
身体に健康な食品をバランスよくとれば
             髪も健康になる049.gif

髪の毛の1本が体内の一千万個の細胞とつながっています。
その細胞になにか異常があると・・・髪は敏感に反応するのです。

汗や尿など、身体から排出されるものはたくさんありますが、髪の毛も立派な排出器官。
身体に入った金属や薬物は髪から排出されるのです。

覚せい剤やヒ素など、薬物反応は髪の毛で検出できます。

今、世の中に多く使われているアルミ製品。
髪にアルミが混じり、パーマ、カラーがかからないという現象もおこっています。
[PR]
by 20607002palmstage | 2008-10-25 13:56 | 美容と健康・頭皮とヘアケア

メモ帳

最新のトラックバック

ファン

ブログジャンル

美容・健康
髪型・ヘアサロン

画像一覧