★PALMSTAGE★髪のお悩み 頭皮の環境をととのえる麹町サロン


http://palmstage.com★熟練した技術を提供できるSTAGE・・【美という健康】を通じて感動を与え続ける美容室・・
by PALMSTAGE
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ジアミン入りヘナの危険性

b0114401_1481833.jpg


今日は安全と言われるヘナについてお話をしていきたいと思います。

ナゼ、安全と言われるヘナについてお話をするかといえば、
まがい物を販売している業者がいるからです。

ヘナ100%のものは安全と言えますが、市販されているものの中にはヘナに化学染料を混ぜたも商品もあるので注意が必要です。

そもそもヘナは自然の植物100%のもので、シッカリ染まるものではなく、繰り返し日々染めなければ濃く染まることが無いのです。

最近、「シッカリ染まるヘナ」などと言っている物には酸化染毛剤と同じジアミンが入っていたり、

それに類する環境ホルモンが含まれるものもあります。

染まりを高める「ピクラミン酸ナトリウム」は含まれていても、日本では表示対象となっていないからです。

この「ピクラミン酸ナトリウム」は発火力が強く、爆発物となる事があり、呼吸器系の疾病につながる可能性があり、その他の危険性についてはまだ未確認となり、安全性について問題が残ります。

染まりが良い「ナチュラルヘナカラー」なるものであっても信頼性に掛けるのです。

なので今現在、安全性の高いヘナ(オレンジ)にインディゴを混ぜて使うものが安全性が高いですが、
染まりが良いヘナは注意!!

安全かどうか見極める必要があります。
専門知識としっかりとした技術を持った私たち美容師にご相談ください。

植物アレルギーのある方は、ヘナにアレルギー反応を起こす場合があるため
パッチテストは必ず行うようにしてください。


PalmStage ホームページ ⇒http://palmstage.net/

危険な毛染めからお客様を守る「カラーグレス」⇒http://himito.com/

[PR]
by 20607002palmstage | 2013-06-21 14:06 | ヘアケア

ヘアーカラートリートメントは安全?

ヘアーカラートリートメントは安全?


ここ数年、〇〇ヘアーカラートリートメントと言う、白髪染めが多く出回っていますが、

果たして安全なんだろうか・・・


そんな疑問を持つ人も少なくはないでしょう。


私のサロンに来ているお客様も、テレビコマーシャルを見て、

「髪を傷めずに安心して染められる・・・なんとか」に誘導され、

試してみたが、

●かぶれた
●染まらない
●汚れた
●変な色になった


など、いろいろ苦情もあり、いいわと言う方もいました。


プロの目として、内容成分、使用方法などを調べて見ましたが、決して安全という物ではないようです。

ただ、一般的な毛染め、ヘアーカラー、白髪染めに比べると危険性は少ない事には間違いありません。

「安全ではない」と言う事です

国内で安全な毛染めは99.9%以上存在しません。

安全と評判の高い「ヘナ」であっても、酸化染毛剤と同じジアミンが入っていたり、
まがい物も多く、「うそへナ」も多く存在しています。
安全かどうか見極める必要があります。

では、「安全に毛染めを楽しむ」為にはどうすればいいのでしょうか。

安全にするのは、


① メーカーが安全なものをつくる事

② 美容師が安全に使用できる技術をつくる事

③ お客様が安全な毛染めを見分ける事


③はちょっと難しいので、美容師がした方がいいですね。(^^)

①のメーカーもなかなか動かず、危険なものばかりつくっています。

②美容師もメーカーにうまく動かされています・・・・・困ったもんです。

なので、毛染め、ヘアーカラー、白髪染めを楽しみたい方は、危険なものには手を出さない事が1番です。




PalmStage ホームページ ⇒http://palmstage.net/

危険な毛染めからお客様を守る「カラーグレス」⇒http://himito.com/

[PR]
by 20607002palmstage | 2013-06-10 18:22 | ★カラーグレス

生理中の毛染めはやめましょう!?

生理中の毛染めはやめましょう!?


生理中は、体のエネルギーが少し多く生理に使われる為に、免疫が下がる傾向があります。


一般的に生理中は、体温があがるのもその為です。


生理中に関わらず、女性の婦人科にも毛染めの有害成分は悪影響を与える可能性がある為に、


産婦人科医からも、妊娠中も含め毛染め(ヘアーカラー)はお勧めしないはずです。


毛染めは体内にも、さまざまな悪影響を与える可能性が高い為に勧めないのが常識です。


反面、美容師は何故?安易に勧めるのでしょう。


これから、お子さんを望む女性は妊娠前から、危険な毛染め(ヘアーカラー)は控え、

胎児に悪影響を与えない様にしましょう。




PalmStage ホームページ ⇒http://palmstage.net/

危険な毛染めからお客様を守る「カラーグレス」⇒http://himito.com/

[PR]
by 20607002palmstage | 2013-06-10 18:06

メモ帳

最新のトラックバック

ファン

ブログジャンル

美容・健康
髪型・ヘアサロン

画像一覧