★PALMSTAGE★髪のお悩み 頭皮の環境をととのえる麹町サロン


http://palmstage.com★熟練した技術を提供できるSTAGE・・【美という健康】を通じて感動を与え続ける美容室・・
by PALMSTAGE
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

頭皮洗浄でこんな良いことだらけ

b0114401_2363814.jpg


 

免疫力の低下による頭皮トラブル

 

風邪を引きやすい人もいれば引きにくい人もいます。
免疫力があれば、病気を跳ねのけることができ
病気になる前に何らかの異変に身体が気づき、病魔と闘ってくれるのが免疫力です。
私たちの全身を包んでいる皮膚は、4週間ごとに新しい細胞に生まれ変わり
傷ついた表皮があればそれを元の状態に修復する力を持っています。
それが皮膚の免疫力です。

 
しかし、今
ストレス、疲労、肩こり、冷え性ホルモンバランスの変化
睡眠不足、栄養不足、不規則な生活など
免疫力を低下させる要因による
頭皮トラブルの悩みを抱えている方が多くなっています。

 

 

頭皮・毛髪でこんな悩みありませんか?

 

b0114401_2373266.jpg

b0114401_2375463.jpg

 

 










フケ・かゆみ・薄毛・抜け毛・白髪・アレルギー・円形脱毛

 

地肌の赤い頭皮は外因的な炎症です。
紫外線や汗、パーマ・カラーの薬剤に反応し炎症を起こしています。
頭皮がかゆくなったりヒリヒリする症状がみられます。
 

地肌の黄色い頭皮は免疫力が低下し、血行不良や体調不良
アレルギー指数が高くなっています。
 

この頭皮の状態のまま、パーマやヘアカラーをしたら
薬剤によりアレルギー反応が起き頭皮や首、顔に激しいただれやかぶれを起こす恐れがあります。
当然、毛根も弱っているため毛髪もダメージを受けやすい状態です。

また、頭皮や髪にコーティング剤が残っていては思い通りの仕上がりにはなりません。

 

 

頭皮洗浄トリートメントが不可欠

パーマや白髪染め・ヘアカラーは化粧と同じくらい、身だしなみの一つです。
パーマ・ヘアカラーをしない訳にはいきません。
そのために、頭皮洗浄トリートメントが不可欠になり人気を集めてきました。

 

シンリHIエスター&生薬洗浄トリートメント
パーマ剤・カラー剤の経皮毒の除去だけではなく
毛髪のトリートメントも兼ねます。

頭皮が自然に発育するための環境を整え
薬剤や刺激を与えて育毛を行うのではなく、18種類の生薬と機能水を用いて 頭皮の洗浄・保護し毛髪の発育を阻害する要因を取り除き頭皮を活性化させます。

 

 

頭皮洗浄でこんな良いことだらけ

・ストレスの緩和
・疲労回復
・血行促進
・免疫力アップ
・消炎効果
・美白効果
・体内デトックス
・経皮毒除去
・根元の立ち上がり
etc…

 


 
b0114401_239352.jpg

頭皮洗浄後の地肌
この正常な地肌を保つために洗浄を続けると細胞が記憶して健康な地肌を維持します。

 

 

あなたの頭皮は何色ですか?

一度マイクロスコープで頭皮チェックしてみませんか。
頭皮の色が赤い方、黄色い方またコーティング剤で毛穴が塞がっていたら
頭皮洗浄をおすすめします!
是非、一度お試しください。

 

 

 

 

パームステージでは…
安心安全な施術を心掛け
お客様、お一人お一人の髪やお肌の状態、
症状に合わせたご提案をさせていただいております。

不安や疑問に思うこと
髪やお肌でお悩みのある方は
一度ご相談ください。

 

メールでのご相談も承っております。➡︎お問い合わせはこちらから

 

 

PalmStage ホームページはこちら⬇︎
http://palmstage.net



















 
[PR]
by 20607002palmstage | 2016-07-22 09:52 | ★デトックス

生理中、妊娠中はカラーリングをしてはいけないの?

b0114401_14471548.jpg


 

お客様の身体を守る為に
生理中、妊娠中のカラーリングはお勧めいたしません


 

生理中にカラーリングを控える理由とは?

生理中の症状は人それぞれで腹痛や頭痛、イライラ、倦怠感に悩まされる方もいます。
ホルモンのバランスが変化する時期なので、生理中は肌が敏感になり、
ちょっとしたことで赤くなったり、かゆくなったり、吹き出物やニキビができやすくなります。
頭皮も敏感になっているので、この敏感な時期にカラーリングをすると、
炎症を起こしたり、しみたりしやすくなります。
臭いにも敏感になり、頭痛が起きる方も。
また、生理中は体のエネルギーが生理に使われる為に、免疫が下がる傾向にあります。
一般的に、生理中は体温が上がるのもその為です。

 

これまで大丈夫だったとしても、生理中の体調の変化でカラーリング剤にかぶれたり、
アレルギーを引き起こしたりすることがあります。

 

 

b0114401_14581186.jpg


妊娠中、授乳中もカラーリングは控えましょう

 
胎児に影響するという医学的な根拠が証明されているわけではありませんが、絶対に大丈夫とも言われていません。


カラーリング剤の有害性・リスク

一般的なヘアカラーでは化学物質が多く含まれ、
成分によって髪を染めることで皮膚から浸透していくものがあります。
染毛剤の1剤に配合されているジアミンは、
皮膚から有害性のある化学物質が吸収される経皮毒の一つです。
皮膚から吸収された有害物質は10%だけ排出され、残りは体の中に蓄積されて行きます。
血液や内臓に大量に蓄積されると胎児への影響も心配されます。

有害物質は、頭皮の毛穴や皮膚を通じてお母さんの体内に吸収されます。
吸収された有害物質はお母さんの体内を巡り、
少なからず母乳にも影響を与える可能性があるとも考えられ
全く母乳への影響がない、授乳中のヘアカラーは安全とも言い切れないのであれば、
カラーリングを控える方が良い思います。

また小さいお子さんがいるご家庭で
市販のカラーリング剤を使用するのも避けた方が良いと思います。
市販の薬剤は一般の人でもキレイに染まるように、
美容室で使用している薬剤より強めになっています。
取扱説明書にも「妊娠中・授乳中は使用を控えて下さい」と記載されています。
赤ちゃんの目や肌に知らず知らずのうちについてしまうリスクがあります。

 

 

b0114401_14493251.jpg


ご自身の身体、赤ちゃんの将来を考えて正しい選択をしましょう。


ご自身での判断が難しい時は
カラーリングの専門である美容師に相談し
カラーリングをしても良い時期や刺激の少ない、頭皮に負担にならない施術をアドバイスしてもらいましょう。

 

 

パームステージでは…
安心安全な施術を心掛け
お客様、お一人お一人の髪やお肌の状態、
症状に合わせたご提案をさせていただいております。

不安や疑問に思うこと
髪やお肌でお悩みのある方は
一度ご相談ください。

 

メールでのご相談も承っております。⬇︎
お問い合わせはこちらから






PalmStage ホームページはこちら⬇︎
http://palmstage.net














 
[PR]
by 20607002palmstage | 2016-07-13 15:09 | ★カラーグレス

メモ帳

最新のトラックバック

ファン

ブログジャンル

美容・健康
髪型・ヘアサロン

画像一覧